STATEMENT

わたしたちの日常はとめどなく流れ、文字通り「静止」することが不可能なものである。 しかし、物事は不定形であるにもかかわらず、それを1つの情報として捉えようとした瞬間に編集され、記号化 される。視線は動くことを忘れ、眼はあたかも三脚によって固定されたカメラのようになってしまう。

 

わたしは鏡や影といった「映りこんでしまったもの」を素材とした映像作品を主に制作している。それらは人の 力ではコントロールすることのできない現象によって立ち上がり、視線の先にあるものをカメラとは異なる角度から見せるものである。

 

2011 年より、佐藤史治+原口寛子としても活動している。

Our everyday life keeps passing by, never be still, just like the moving images. In spite of the changeability of it, we tend to catch these images as a information. At that moment, at the same time, we are editing the reality, making things just a sign. We forget to look around, as our eyes become like a camera on a tripod.

 

My work shows accidentally - reflected images. They came up by uncontrollable phenomenon, showing thing in a different point of view. I aim to re-change every day life how we see our everyday life by putting these images together with ordinary life scene.

 

I also work in an art unit "Fumiharu Sato + Hiroko Haraguchi" since 2011.